契約書に署名

​​実習生の受け入れから配属までの流れ

技能実習生を受け入れるまで、約半年ほどの期間がかかります。(企業・法人様によって差が発生します。)

ここでは、受け入れから配属までの流れをご紹介します。

お問い合わせ

ご不明点・ご不安点を、まずは解消していきましょう。

ご興味があるだけでも、お気軽にお問い合わせ下さい。

カスタマサポート担当

​組合へご加入

実習生の受け入れ、共同購買のご利用などは、

​組合にご加入頂いている組合員様でないと行うことができません。まずは当組合にご加入下さい。

握手

​実習生の選考

企業様より求人票をご提出いただいたのち、

面接を行います。そして採用する実習生を決定し、採用通知書を発行して頂きます。

​※面接は現地訪問・オンラインどちらも対応しております。

ワカバ・宝樹 面接_edited.jpg

申請

技能実習生を受け入れるための申請・ビザ取得などの申請を行います。

​申請期間はおおよそ3か月ほどです。

請求書チェック

入国・入国後講習

実習生が日本に入国したのち、約1ヵ月間は委託講習施設にて入国後講習を行います。

我孫子 日本語学校_edited.jpg

事業所での勤務開始

入国後研修が終了したのちに、事業所様で勤務を開始致します。

​※連年で実習生の受け入れをお考えの企業・法人様は、このタイミングで次年分の求人をお出し頂くことをお勧めします。

患者と介護士

技能評価試験

実習生が実習計画の内容を理解・習得できているか、技能評価試験が行われます。実技試験・筆記試験ともに行います。

チャンスは2回までです。ここで不合格になると、2年目に移行することができません​。

試験

​1年目修了。2年目へ。

技能評価試験に合格したら、いよいよ2年目になります。

2年目に移る際にも、入国時同様、申請が必要になります。

※現在、当組合で可能な実習期間は3年間です。実習生より「4年目以降も挑戦したい」「特定技能に興味がある」などの話が出た場合は、直接組合までご連絡下さい。

卒業式

​申請について、受け入れのしくみなどは、外国人技能実習制度とは?ページにてご説明しております。